#MenWithWomenとは

#MenWithWomenのビジョン、8つの事業・活動、設立の経緯について紹介します。

#MenWithWomenのビジョン

私たちは、「男性が変わる、男性を変える」を合言葉に、女性差別や家父長制の解消を目指すジェンダー平等推進団体です。

女性とともに女性差別や家父長制の解消を推進し、女性とともにジェンダー平等社会を実現する男性を増やし導く様々な活動を展開しています。

  • ジェンダー平等社会にふさわしい男性になろう!
  • そのような男性を「あるべき男性像」として広めていこう!

そのように女性と連帯する想いを込めて、プロジェクト名は「#MenWithWomen(メン・ウィズ・ウィメン)」と名付けました。直訳すると、「女性とともにいる男性」という意味になります。

メディア掲載実績・主な活動実績

#MenWithWomenの活動実績とメディア掲載実績はこちらになります。

メディア掲載実績

2022年11月18日 
中日新聞、東京新聞 夕刊にて団体設立および15ヶ条の制定についてインタビュー報道
2022年11月20日Japan Timesにて団体設立および15ヶ条の制定について掲載(→詳細はこちら
2023年10月スマートフラッシュにて当団体の署名活動について言及
10月17日ポリタスTVに出演(→詳細はこちら
#MenWithWomenの活動実績

主な活動実績

2023年10月11日署名活動「#NHKは松本人志氏と呂布カルマ氏の性番組を放送しないでください」を行い、25,000名以上の方々から署名を集める
2023年12月ミソジニー・オブ・ザ・イヤー2023」で1,000名以上から投票を集める
#MenWithWomenの活動実績

8つの事業・活動について

私たちは現在以下8つの事業を実施しております。

啓発事業

ジェンダー平等社会に向けて男性がやるべきことや目指すべきことについて、具体的にかつ分かりやすく示すために、「ジェンダー平等社会にふさわしい男性の行動基準15ヶ条」を制定し、普及啓発活動をしています。

行動基準15ヶ条の詳細については、こちらのページをご覧ください。賛同頂けた方は「賛同人紹介ページ」にて掲載させていただいております。今後賛同企業や賛同政治家等も増やしていきたい所存です。

データベース構築事業

ジェンダー平等社会にふさわしくない男性著名人や政治家等の言動事例集」(通称:ミソジニー言動事例集)を作るプロジェクトです。

インターネット上に散らばっている男性著名人たちによる女性差別・女性蔑視的言動を収集して、データベースとして一か所に集約することで、ジェンダーに関する意識の高い人々の間での情報共有に役立てます。

データベースの閲覧は「2口以上のサポーター会員」であれば可能です。(※現在は「サポーター会員制度スタートキャンペーン」を開催しており、会員が一定数になるまでの期間は「1口以上のサポーター会員」でも一時的に閲覧が可能となっております)

また、そのデータベースは、⑤の男性向け研修・講演事業等でも活用します。詳細は有志メンバー募集要項をご覧ください。

世論・意識調査事業

2023年末に「ジェンダー平等社会にふさわしくない男性著名人や政治家等の言動に関する世論調査2023(通称:ミソジニー・オブ・ザ・イヤー2023)」を開催しました。

2023年においてジェンダー関連で問題視された言動の中から、人々が最も問題意識を持っている言動は何なのかを尋ねた世論調査です。②のデータベース構築事業で集めた言動を調査対象とし、予備調査・本調査という2段階の調査を行いました。

1084人の方からご回答頂きました。調査結果等、詳しくはこちらをご覧ください。2024年の開催も検討しております。

ソーシャルアクション事業

2023年度は、NHKの特別番組『松本人志と世界LOVEジャーナル』に対して、放送中止を求める署名活動「#NHKは松本人志氏と呂布カルマ氏の性番組を放送しないでください」を行いました。中止という結果は伴わなかったものの、1つの番組に対する署名としては異例の25,000名以上の方々から賛同を頂戴しました。

その後、23年末には松本人志氏による性加害報道がなされ、私たちの署名活動の意義が改めて証明されたように思います。引き続き、私たちがやらねばならないと感じた問題に対して、署名等のソーシャルアクションを行ってまいります。

研修・講演事業

職場や学校等でジェンダー平等社会を推進する研修や講演を行っています。似たような研修・講演等は最近増えてきましたが、私たちの強みは、データベース(多数の過去事例)があることです。これにより、男性が反面教師とするべき像について、ケーススタディ型で学ぶことができます。もしご興味をお持ちいただけましたら、まずはお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

アドバイザー・コンサルティング事業

組織内でのジェンダー平等社会を推進したい企業・団体向けにアドバイザー・コンサルティング業務を行っています。③の事業と同様に、私たちの強みは、データベース(多数の過去事例)があることです。組織の傾向を分析し、問題点を洗い出し、ソリューションを提供します。もしご興味をお持ちいただけましたら、まずはお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

ミソジニー減量パーソナルトレーニング事業

「ジェンダー平等にふさわしい男性になりたい」と思っている個人の方を対象に、「内省」し、自身のミソジニーを減らすためのパーソナルトレーニングをオンラインで実施しています。30分5,000円です。もしご興味をお持ちいただけましたら、まずはお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

ジェンダーリスクテスト事業

近年、ジェンダーに絡む問題で炎上する企業が少なくないと思います。人権意識の低い人を採用・起用・幹部登用してしまうと、将来的な大問題につながりかねません。そこで私たちは調査対象者にミソジニー(女性蔑視)やジェンダーアンコンシャスバイアスが潜んでいる可能性がどの程度あるかについて調査する「リスクテスト」を開発しました。

要するに、「個人を対象したジェンダー版人権デューデリジェンス」です。日頃から”センサー”を発達させている私たちからすると、炎上が起こったときでも、「過去に○○という言動をしているから予想通りだった」ということが少なくありません。その”センサー”をリスクテストとして落とし込み、可能な限り事前にリスクが判定できるようにしました。

また、パートナー候補のジェンダーリスクを知りたいという女性向けにもサービスを提供する予定です。ローンチは2024年度中を予定しており、現在試験運用にご協力してくださる企業・団体様を募集中です。

プロジェクト発足の経緯

私たちは、以下3つのきっかけで発足しました。

「次のフェーズのアクション」へ向かう必要性

「男性×ジェンダー」に関するこれまでのキャンペーンは、「男らしさから自由になろう」「男性の生きづらさ問題」のようなテーマで語られることが多かったと思います。

ですが、社会全体を見渡せば、男性が加害者で女性が被害者になるケースが圧倒的多数で、女性差別や女性蔑視が社会のあらゆる場面に存在しています。

そのような社会をジェンダー平等へと変革するためには、男性が自身の自由や生きづらさ解消を求めるだけでは足りません。

女性差別・女性蔑視の解消に対し、男性が当事者として主体的に推進するという次のフェーズのアクションが必要だと考えました。

旧「HeForShe」の精神を引き継ぎ日本でも普及したい

国連のUN Womenが主催するキャンペーン「HeForShe」が、2014年~2016年頃まで「ジェンダー平等の達成を支持する男性に呼びかける」というコンセプトで展開し、俳優のエマ・ワトソン氏が親善大使をつとめていました。

ところが、2016年以降は男性以外の様々な人々も対象にし、「全てのジェンダーの人々がつながり、ともに責任を持ってジェンダー平等を推進するムーブメント」へとコンセプトが変わりました。

男性を透明化せず、男性こそ当事者として主体的に女性差別解消の推進を促すためには、男性の変化にフィーチャーしたかつてのコンセプトのほうがより適格であったと考え、それを引き継ぐようなキャンペーンを展開したいと考えました。

「男性がやるべきこと」を示す必要性

女性差別や搾取の問題に対して当事者運動を展開している女性たちの中には、「ジェンダーの問題に興味があると言って、女性主体の活動に絡んでくる男性が多すぎて困っている。男性の問題を自分たちでやってほしい」と訴える人が少なくありません。

その手の話を聞くたびに、「男性がやるべきこと」が見えていない男性が非常に多いことを痛感させられたため、自分たちが男性のジェンダー平等推進運動のロールモデルになろうと考えました。

私たちは皆さまのご支援で活動しております!

私たちは皆さまのご支援で活動しております。ごいっしょに日本の男性の意識を変えていきませんか?

サポートしてくださる方は、こちらのページをご覧ください